人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

ログ管理

目次

  1. ログ管理
    1. トラッキングログ
      1. トラッキングログ一覧
      2. トラッキングログ詳細
    2. チェックログ
      1. チェックログ一覧
      2. チェックログ詳細
    3. キックバック通知ログ
      1. キックバック通知ログ一覧
      2. キックバック通知ログ詳細

ログ管理

ログ管理では、アフィリコード・システムでの広告運用おいて、成果が発生した際のログやパラメータ、成果計測でトラブルが発生した場合の確認が行えます。
※ログは管理者権限のみ閲覧が可能です。

【アフィリコード・システム】ログ管理_管理画面:ログ管理
図1-1:管理者画面:ログ管理

アフィリコード・システムで確認できるログは以下になります。

  • トラッキングログ
  • チェックログ
  • キックバック通知ログ

1. トラッキングログ

成果地点のタグが発火、または他社システムからの成果通知の際、アフィリコード・システムに通知されるトラッキングの通知ログです。
様々なパラメータが付与されたログが確認できるため、成果がうまく発生しない場合の原因調査やトラブル時の解決に利用できます。

トラッキングタグマニュアルは、こちら

トラッキングログ一覧

検索エリアからさまざまな条件で絞り込んでログ検索が可能です。
※ステータス番号検索は、ログ一覧に表示されている「成果発生(1)」「非広告経由(202)」などの番号(コード)検索です。

【アフィリコード・システム】ログ管理_トラッキングログ検索
図2-1:ログ管理 > トラッキングログ検索エリア
【アフィリコード・システム】ログ管理_トラッキングログ一覧
図2-2:ログ管理 > トラッキングログ一覧
広告
対象となる広告。
トラッキングURL
基本的にシステム設置先URLに各種パラメータが付与された状態で通知されます。
ステータス
トラッキング時のステータスが表示されます。
詳細は「トラッキングコード表」の内容・対処方法をご確認ください。
認証方式
どの認証方式で成果が上がったか確認できます。※詳細は下記別表を参照
トラッキング日時
アフィリコード・システムにトラッキング通知された日時。

ログ出力例(ITP対応タグを使用した場合)

以下4つのパラメータが付与されているのが確認できます。
※その他、任意に付与したパラメータがログに出力されます。

  • システム設置先URL(システム設定 >サイト設定 > 設置先URL)
  • p=広告ID(広告ごとの固定値)
  • t=成果認証パスワード(広告ごとの固定値)
  • cid=成果認証用ID(広告クリック時に発行されるセッションID)
【アフィリコード・システム】ログ管理_トラッキングログ出力例
                                       
トラッキングログの認証方式について
認証方式 説明
cid(GET)認証cid(広告クリック時に発行されるセッションID)認証
※主に1st Party Cookie認証、および ソケット通信での認証。
トラッキングURLにcidパラメータの値が渡された場合の認証方式
cid(Cookie)認証cid(広告クリック時に発行されるセッションID)認証
※主に3rd Party Cookie認証
plid(GET)認証plid(並行トラッキングに使用するセッションID)認証
主に1st Party Cookie認証、および ソケット通信での認証。
トラッキングURLにplidパラメータの値が渡された場合の認証方式
plid(Cookie)認証plid(並行トラッキングに使用するセッションID)認証
※主に3rd Party Cookie認証
IP・UA認証IP/UA(デバイス-フィンガープリンティング)での認証
※1st Party Cookie および 3rd Party Cookie認証ができなかった場合にIP/UA認証が行われる
mid認証ライフタイムコミッションに使用
※メディア ID (mid)による認証、主に定期購入時の認証に利用される
did認証成果状態(未承認/承認/キャンセル)を他社システムと連動させる際に使用
※成果ステータス連携の認証に利用される
エラーどの認証方式でも成果が上がらない

トラッキングログ詳細

トラッキングの詳細情報が確認できます。該当のアフィリエイターやメディア、広告主、成果内容などの情報にリンクしています。
※cidが付与されていないなどにより、特定できない場合もあります。

【アフィリコード・システム】ログ管理_トラッキングログ詳細
図2-3:ログ管理 > トラッキングログ詳細

2. チェックログ

広告がクリックされた時の情報(クリック日時や広告IDなど)をログとして確認することができます。成果計測でトラブルが発生した際にパラメータ情報の確認などで使用します。

チェックログ一覧

【アフィリコード・システム】ログ管理_チェックログ一覧
図3-1:ログ管理 > チェックログ一覧
成果認証用ID(cid)
cid(広告クリック時に発行されるセッションID)。
成果認証用ID(plid)
plid(並行トラッキング時に発行されるセッションID)。
メディア
対象のメディア名。
広告
対象の広告名。
ステータス
ログのステータス(有効 / 無効)。
クリック日時
広告をクリックした日時。

チェックログのステータス

アフィリコード・システムでは、成果認証用ID(cid、plid)をキーとしてチェックログを取得し、成果認証後、成果計上されると、デフォルトでは該当のチェックログを「無効」にする処理をしています(同一ユーザーの成果は広告が再度クリックされるまで発生しない設定)。
「広告設定 > 成果発生時のセッション設定」で広告ごとに設定。運用により「無効にしない」設定も可能です。

チェックログ詳細

詳細情報が確認できるほか、成果が発生しているログは「成果報酬一覧」から該当の成果内容が確認できます。

【アフィリコード・システム】ログ管理_チェックログ一覧
図3-2:ログ管理 > チェックログ詳細

3. キックバック通知ログ

「アフィリコードシステムの成果連携」については、こちら のマニュアルをご確認ください。

連携先ASP(広告の卸先)へ成果通知(キックバック通知=図4-1:⑤成果通知)が行われた際のログを確認できます。連携トラブルが起きた際にパラメータ確認などで使用します。

【アフィリコード・システム】ログ管理_キックバック通知イメージ
図4-1:成果連携イメージ

キックバック通知ログ一覧

【アフィリコード・システム】ログ管理_キックバック通知ログ一覧
図4-2:ログ管理 > キックバック通知ログ一覧
メディア
連携したメディア名(連携設定はメディアから行います)。
キックバック通知URL
成果発生時に連携先に成果通知(キックバック通知)を行ったURL。
メディア連携設定でキックバック通知先として設定したURL、通知パラメータなどが確認できます。
ステータスコード
ソケット通信におけるHTTPステータスコード。
HTTPステータスコードについては、こちら(外部サイト)
承認状態
成果の承認状態(未承認 / 承認 / キャンセル)。
キックバック通知日時
キックバック通知を行った日時。

キックバック通知ログ詳細

ログの関連情報や詳細が確認できます。

【アフィリコード・システム】ログ管理_キックバック通知ログ詳細
図4-3:ログ管理 > キックバック通知ログ詳細

製品情報

アフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要アフィリエイト広告配信システム
「アフィリコード・システム」

自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで
導入実績700社以上!多機能アフィリエイトシステム
URLhttps://system.affilicode.jp/

関連記事