人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

エラーページコンテンツを作成する方法

目次

  1. コンテンツタイプ:エラーページ
  2. コンテンツ作成
  3. コンテンツ情報 / コンテンツ設定
  4. テンプレートHTML
    1. 基本HTML

コンテンツタイプ:エラーページ

存在しないページや間違ったURLにアクセスがあった場合やコンテンツのアクセス権限がない場合に表示するエラーページコンテンツを作成することができます。

【アフィリコード・カート】フロント側エラーページ

作成したコンテンツは、ショップ編集からデザイン設定で指定します。

「システム設定参照」であれば、サンプルデザインのコンテンツID:errorを参照します。ショップごとにページを用意する場合は「個別設定」とし、作成したコンテンツIDを指定します。
※サンプルデザインは編集可能です。

【アフィリコード・カート】ショップページ編集

コンテンツ作成

歯車マーク:コンテンツ管理 > コンテンツ作成

コンテンツタイプから「エラーページ」を選択し、コンテンツを新規作成します。

【アフィリコード・カート】エラーページ新規作成
エラーページの新規作成

あらかじめ用意されたサンプルデザイン(コンテンツID:error)を複製・編集して、コンテンツを作成することも可能です。 変数の利用方法などもご確認ください。

コンテンツ情報 / コンテンツ設定

コンテンツ情報
コンテンツタイプ 作成するコンテンツタイプを表示
コンテンツ設定
コンテンツID コンテンツURLに使用されるID
※新規作成時に指定したID。省略時は自動で付与されます。
カテゴリ名 管理用にカテゴリ分けする場合は設定。省略した場合は「未設定」に振り分け
コンテンツ名 コンテンツの管理名称

テンプレートHTML

基本HTML

【基本HTML】でデザインソース(HTML)を入力します。
エラーメッセージ変数:[error_message]は、エラー内容によりメッセージを返します。
※エラーメッセージの内容はシステムで生成され、編集することはできません。

【基本HTML】の変数
変数名 変数
ショップ名 [shop_name]
ショップ | コピーライト表記 [shop_copyright]
エラーメッセージ [error_message]

関連記事

おすすめ記事