人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

アフィリエイトリンクをクリックしても意図するページに遷移できない

ITP対応タグのご利用時、パラメータに「cid」と「p」の値を付与して広告の遷移を行います。

「cid」と「p」とは
メディアの広告が踏まれた際にアフィリコード・システムが発行するIDです。
「cid」は広告クリック時に発行されるセッションID、「p」は広告IDです。

その際、遷移先URLのパラメータに既に「p」が付与されていると、p値が重複することにより正常なページ遷移が難しくなる場合があります。

よくある事例として、WordPressのパーマリンク設定によって「p」のパラメータが重複するなどがあります。
※WordPressで「投稿」や「固定ページ」機能によりデフォルトの設定でページを作成した場合、ページのURLが「http://example.com/other/wp/?p=1」のように「p」パラメータが付与される場合など。

対応は、アフィリコード・システムの「p」パラメータを別パラメータに変更します。それに伴い、以下の設定変更を行います。
※2. 3. の項は、直接リンク方式の対応はありません。

  1. 着地点タグの変更
  2. システム経由方式の場合:広告遷移URLにパラメータを付与
  3. システム経由方式の場合:ID自動付与設定

1. 着地点タグの変更

変更内容

パラメータ名を「pid」に変更した例になります。

(変更前)var PK = "p"; → (変更後)var PK = "pid";

※システム設置先URLはシステムから取得した着地点タグの記述をそのまま利用してください。

パラメータを変更した着地点タグの例

<script>
(function acsKeep(){
var PK = "pid";
var IMK = "im";
var LKEYS = {cid : ["cid", "CL_", "ACT_"], gclid : ["plid", "PL_", "APT_"]};
var DKEYS = ["gclid"];
var PDIR = "./";
var durl = "https://システム設置先URL/direct.php";
======= 以下、省略 =======
</script>

2. システム経由方式:広告遷移URLにパラメータを付与

システム経由方式の場合、広告素材の広告遷移URLに「&pid=[p]」を付与してください。
※着地点タグの変更内容と同じく、「p」を「pid」に変更する例になります。

直接リンク方式の場合は、付与の必要はありません。

システム経由方式_広告
図2-1:広告素材編集 > 広告URL(システム経由)設定

3. システム経由方式:ID自動付与設定

cidとpの付与形態は以下のように設定します。

  • 成果認証用ID自動付与設定(cid):「cid=値」で付与する
  • 広告ID自動付与設定(p):「[p]」を値で置換する
ID自動付与設定

おすすめ記事