人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Share

トラッキングパラメータの「p」を変更する方法

目次

  1. トラッキングパラメータ「p」の変更が必要なケースとは
  2. トラッキングパラメータ「p」の変更手順
    1. 着地点タグの変更
    2. システム経由方式:広告遷移URLにパラメータを付与
    3. システム経由方式:ID自動付与設定

トラッキングパラメータ「p」の変更が必要なケースとは

アフィリコード・システムの成果計測に必須のパラメータである「cid」と「p」。広告がクリックされると、この2つのパラメータ値が着地点ドメインに保持されます。

【アフィリコード・システム】トラッキングパラメータの「p」を変更する方法_広告遷移後のURL  
図1-1:システム経由方式で遷移した場合のパラメータ付与例

広告遷移先URLのパラメータにあらかじめ「p」が付与されていると、p値の重複により正常なページ遷移ができなかったり、パラメータが欠落し、正しい計測ができないなどの問題が発生します。

【アフィリコード・システム】トラッキングパラメータの「p」を変更する方法_pパラメータ付のURLの例  
図1-2:pパラメータが付与されているURLの例

よくあるケースとして、着地点ページをWordPressで構築しているサイトで発生しています。
WordPressの「投稿」「固定ページ」機能によりデフォルトのパーマリンク設定でページを作成した際、ページのURLが「https://example.com/other/wp/?p=1」のように「p」パラメータが付与される。

トラッキングパラメータ「p」の変更手順

対応は、アフィリコード・システムの「p」パラメータを別のパラメータ名に変更します。それに伴い、以下の設定変更を行います。
※2. 3. の項は、直接リンク方式の対応はありません。

  1. 着地点タグの変更
  2. システム経由方式の場合:広告遷移URLにパラメータを付与
  3. システム経由方式の場合:ID自動付与設定

1. 着地点タグの変更

着地点タグの3行目を「p」以外の値に変更します。

着地点タグ変更箇所

パラメータ名を「pid」に変更した例になります。

(変更前)var PK = "p"; → (変更後)var PK = "pid";

※システム設置先URLはシステムから取得した着地点タグの記述をそのまま利用してください。

パラメータを変更した着地点タグの例

<script>
(function acsKeep(){
var PK = "pid";
var IMK = "im";
var LKEYS = {cid : ["cid", "CL_", "ACT_"], gclid : ["plid", "PL_", "APT_"]};
var DKEYS = ["gclid"];
var PDIR = "./";
var durl = "https://システム設置先URL/direct.php";
======= 以下、省略 =======
</script>

2. システム経由方式:広告遷移URLにパラメータを付与

システム経由方式の場合、広告素材の広告遷移URLに「&pid=[p]」を付与してください。
※着地点タグの変更内容と同じく、「p」を「pid」に変更する例になります。

直接リンク方式の場合は、付与の必要はありません。

システム経由方式_広告
図2-1:広告素材編集 > 広告URL(システム経由)設定

3. システム経由方式:ID自動付与設定

cidとpの付与形態は以下のように設定します。

  • 成果認証用ID自動付与設定(cid):「cid=値」で付与する
  • 広告ID自動付与設定(p):「[p]」を値で置換する
ID自動付与設定

関連記事

アフィリコード・システム

https://system.affilicode.jp/

アフィリエイト広告配信システム

本格的なASP運営から自社アフィリエイト運用
導入実績1,000社以上!多機能アフィリエイトシステム

おすすめ記事