人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

広告掲載手順

目次

  1. 広告掲載手順について
  2. 広告主新規登録
  3. 新規広告登録
  4. 広告素材の追加
    1. テキスト広告の登録
    2. バナー広告の登録
    3. テンプレート広告の登録
    4. 並行トラッキング広告の登録
  5. トラッキングタグの設置
    1. ITP2.1対応タグの利用方法
    2. ITP2.1対応タグ利用に関する注意点

広告掲載手順について

アフィリコード・システムでは、2019年4月に「ITP2.2」に対応済みです。9月に発表された「ITP2.3」以降も引き続き成果計測が可能となっています。

アフィリコード・システムに広告を登録しトラッキングタグを設置するまでの流れを解説します。大まかな手順は以下の通りとなります。

1.広告主新規登録
⇒管理者画面の広告管理 > 広告主一覧 にある「広告主登録」より、広告主を登録します。
2.新規広告登録
⇒管理者画面の広告管理 > 広告一覧 > 広告登録 より、広告を登録します。
3.広告素材の追加
⇒管理者画面の広告一覧より、登録した広告の詳細を開き、「広告素材設定」から広告素材(バナー広告やテキスト広告)を追加します。
4.サンクスページにトラッキングタグを設置
⇒成果対象となる注文(サンクスページ)又は登録完了ページに「トラッキングタグ」を設置します。トラッキングタグは広告管理 > 広告一覧 > 詳細 から取得することができます。

※トラッキングタグは広告ごとに設置する必要があります。
※本マニュアルでは管理者の代理登録作業で解説を行っています。

広告主新規登録

広告主の登録は、広告管理 > 広告主一覧 > 広告主登録 から行います。

広告主新規登録画面

広告主登録の際の設定は以下の内容となります。

広告主登録画面

基本情報のみフロント側(Webページ側)からの登録内容と同じです。 その他「請求設定」以下の内容は管理者画面からのみ設定が可能となっています。

基本情報

会社名
広告主の会社名を入力します。

氏名
広告主の氏名を入力します。

メールアドレス
広告主(担当者)のメールアドレスを入力します。

電話番号
広告主が使用する電話番号を入力します。

住所
広告主の住所を入力します。郵便番号を入力すると、市区町村まで自動入力されます。

※フロント側からの登録内容と同じです。

請求設定

請求指定
請求締め日をシステム設定 > 請求設定の設定内容(全広告主共通)とするか、広告主ごとに個別に「締め日」を設定するかを選択します。
※デフォルトは「システム設定参照」です。

締め日
上記「請求設定」で「個別設定」とした場合は、登録する広告主に対する請求処理の締め日を設定します。

集計日
集計日を設定します。設定日時に請求処理が行われます。

支払期日
集計日からの支払い期日の設定を行います。広告主毎に「期日」の設定ができます。

※管理者のみ設定が可能です。

閲覧権限設定

アフィリエイター情報の表示
広告主に対して、アフィリエイターの表示形式が選択できます。

メディア情報の表示
広告主に対して、メディア情報の表示形式が選択できます。「すべて開示」とした場合、メディアの詳細情報が閲覧できるようになります。

絞込み条件の表示
広告主側の成果報酬一覧画面で、アフィリエイター及びメディアでの絞り込み検索の可否を制御します。「表示」とした場合、アフィリエイター及びメディアの検索が可能となります。

リファラ情報の表示
広告主側の成果報酬詳細画面でリファラ表示の制御ができます。「表示」とすると成果報酬詳細の「その他」項目で確認ができるようになります。

編集・削除権限設定

広告情報の編集・削除
「許可しない」に設定した場合、登録自体は可能ですがステータスが「無効」として登録されます。管理者画面のダッシュボードの「通知メッセージ」に通知されているので、管理者は内容を確認してステータスを変更します。
※「許可する」に設定しても報酬単価を広告主側で変更することはできません。

広告素材情報の編集・削除
「許可しない」とすると広告素材一覧画面から「編集」ボタンが非表示となります。

提携申請ステータスの再編集
広告登録時の「提携承認設定」を「手動承認」としている場合に、「許可しない」と設定されていると、提携申請一覧では未承認として上がってきます。管理者は「承認」または「却下」に切り替えますが、切替作業は1度のみ対応が可能です。
※再度承認状態を切り替えることはできないので取り扱いには注意が必要です。

成果ステータスの再編集
「許可しない」と設定されている場合、承認状態が「未承認」以外のステータスは変更不可となります。ステータス連携を行っている場合、初回通知が「未承認」の場合、「承認」もしくは「キャンセル」に1回だけ切り替えることができます。

タグマネージャーの操作
広告主のタグマネージャー操作権限を設定します。※タグマネージャー機能はスタンダードプラン以上の契約でご利用が可能です。
タグマネージャーを使用する方法:https://blog.affilicode.jp/article/20135

管理者用メモ
管理者のみ確認できるメモ欄です。

タグマネージャーの操作権限
設定 広告主の操作
全操作許可する 管理者同様、コンテナ登録・編集・削除・公開設定の変更が可能です。
閲覧のみ許可する コンテナ詳細画面が参照可能になります。
許可しない コンテナ関連は利用できません(関連メニュー・項目は表示されません)。

登録が完了すると、広告主一覧に表示されます。

広告主一覧画面

新規広告登録

広告主の登録が完了したら次に、広告主が取り扱う広告を登録します。 先ほど広告主登録が完了した際の画面、もしくは広告一覧 > 広告登録 から登録します。

新規広告登録

広告主登録完了画面から引き続き「広告登録」を行う場合、基本情報の広告主はあらかじめ設定されてされていますが、広告一覧 > 広告登録 から登録する場合は「広告主選択」ボタンから広告主を登録します。

基本情報

広告主
広告主を設定します。広告一覧 > 広告登録 から登録する場合は「広告主選択」から当該広告主を選択します。

広告名
広告名を設定します。アフィリエイターの広告一覧に表示されます。

広告カテゴリー
広告カテゴリーを設定します。カテゴリー内容に関しては、マスター管理 > 広告カテゴリー設定 で自由に設定が可能です。

対応デバイス
広告の対応デバイスを設定します。広告が対応するデバイスを設定してください。

広告単価設定

広告種別
広告の種別を選択します。チェックを入れた種別に対応する単価設定ができるようになります。

クリック単価
クリック保証広告の1クリックあたりのネット/グロス単価を設定します。

成果保証単価
成果保証広告のネット/グロス単価の報酬金額を設定します。定率案件の場合は少数第二位まで設定できます。

丸め誤差調整
定率案件を取り扱う場合の丸め誤差の設定を行います。

クリック保証設定

連続クリック設定
「設定する」とした場合、次に設定する有効期限の設定値に依存します。
(例)10秒とした場合、10秒間はどれだけクリックが発生しても1回目のみ成果として計上されます。

連続クリックの有効期間(秒)
連続クリックされた場合の有効期間を秒単位で設定できます。

成果保証設定

成果報酬表示名
成果報酬一覧で表示される成果名を設定します。

広告クリックから成果発生までの有効期間
ユーザーが広告をクリックしてから成果地点に行って成果が発生するまでの有効期限を設定します。通常は60~90日で設定します。

IP・UAによる成果認証
成果認証は標準として、cid、Cookie認証を行います。
上記の認証ができない場合に追加の認証として、IPアドレスとユーザーエージェントの組み合わせで成果認証を行います。
ブラウザの挙動でユーザーのブラウザのCookieを消去してしまうケースがあるため、基本的には「設定する」に設定することを推奨しています。

成果発生時のセッション設定
基本的には「無効にする」でご利用ください。(対象のチェックログが無効になります。)
無効にした場合、成果発生後、同一ユーザーの成果は広告が再度クリックされるまで発生しません。

成果承認設定
成果が発生した際の承認状態の初期値を設定します。自動承認の場合は全て「承認」、手動承認の場合は「未承認」となります。

成果重複チェック
設定する場合、標準でcid、Cookieの順に重複チェックを行います。
また、重複期間内に同一ユーザーの成果があった場合、成果は発生しません。
※他社ASPと成果連携する際は重複チェックを「設定しない」とします。

重複チェック方式
成果重複をチェックする方式を設定します。
「IP・UAチェック」を行い、UAが取得できない場合には重複として判断されます。
※ソケット通信認証を使用される場合、「IP・UAチェック」を設定しないでください。。

重複とする期間
「成果重複チェック」を使用する場合に重複とする期間を設定します。
(例)重複する期間を5分と設定した場合、5分間は同一のユーザーからの成果は発生しません。

掲載制御設定

掲載終了条件設定
それぞれの掲載終了のタイミングを設定します。デフォルトでは全てチェックが入っていない状態です。チェックを入れた項目に対して設定項目が表示されます。

掲載終了時の取り下げ設定
全ての条件に共通する設定項目です。掲載終了となった案件に対して以降どのように掲載を続けるかの設定を行います。

クリック件数上限
「クリック保証広告」に対してクリック件数の上限値を設定することができます。設定してから反映されるまでにタイムラグがあるため、幅を持たせた設定値を推奨しています。

成果件数上限
「成果保証広告」に対して成果件数の上限値を設定することができます。
※即時反映されるため幅を持たせた設定の必要はありません。

掲載期限
全ての条件に共通する設定項目です。掲載期限を時間単位まで設定することができます。
※管理者のみ設定が可能。

広告無効時のリダイレクト先
全ての条件に共通する設定項目です。掲載終了条件設定の条件を満たした場合に、設定されているリダイレクト先に遷移します。
※掲載を続けている場合でも、広告が無効となっている場合は、リダイレクト先に遷移します。

掲載項目設定

サムネイル
アフィリエイター側から見た広告一覧に表示される広告のサムネイルを登録します。

広告サイト確認用URL
アフィリエイター側から見た広告一覧に表示される広告の確認用URLを登録します。
※提携申請前でも確認ができます。

キャッチコピー
広告のキャッチコピーを入力します。アフィリエイター画面の広告一覧に表示されます。

PR文
アフィリエイター管理画面の広告一覧からの詳細画面に表示されるPR文です。

成果条件
登録する広告の成果条件を入力します。アフィリエイター管理画面の広告詳細に表示されます。

否認条件
登録する広告の否認条件を入力します。アフィリエイター管理画面の広告詳細に表示されます。

禁止事項
登録する広告の禁止事項を入力します。アフィリエイター管理画面の広告詳細に表示されます。

備考
登録する広告の備考事項を入力します。

アイコン表示(管理者のみ設定可)
アフィリエイター管理画面の広告一覧に表示される広告のアイコンの設定が可能です。「新着」と「オススメ」はシステム固定アイコンです。マスター管理 > 広告アイコン設定 より自由にアイコンを追加することができます。
※デフォルトで「ITP対応」アイコンが設定されています。

掲載更新日(管理者のみ設定可)
設定されている日付を元に「新着」アイコンの表示設定が行えます。また広告一覧の新着順にも影響されます。

ティア設定

広告別ティア設定
デフォルトは無効です。「有効」に切り替えると2~4ティア毎のティア報酬率の設定が可能です。

アフィリエイター紹介(ティア報酬)の運用方法は、こちら をご参照ください。

ステータス

公開設定
広告の公開状態の設定を行います。

提携承認設定
アフィリエイターからの提携申請を「自動」または「手動」で承認作業を行います。

限定広告設定(管理者のみ設定可)
特定の「グループ」または「アフィリエイター」「メディア」に対して限定的に広告を配信できる設定です。「設定する」にすると、広告詳細画面で限定広告の公開先を追加できるようになります。

その他

メモ
管理者のみ閲覧可能なメモを残すことができます。

IPアドレス
他社ASPと成果連携を行う際、特定のASPからの成果通知のみを受け取りたい場合などに、ASP側のIPアドレスを設定します。

IPアドレス制限設定
先ほど設定したIPアドレスに対して「許可」または「拒否」を設定します。

(使用例)
・特定のIPアドレスからのみ、成果通知を許可する。
・不正を行っていると思われるお客様(購入者)からの成果発生を制限する。
・Botなどから成果発生を制限する。

ここまで入力が出来たら「確認する」→「登録する」で広告登録の完了です。

広告素材の追加

続いて、広告素材を追加します。

広告素材設定

続けて広告素材を登録する際は、そのまま「広告素材登録」から登録します。
※広告詳細や広告一覧からは「広告素材設定」から登録します。

広告素材の追加は「テキスト」「バナー」「テンプレート」「並行トラッキング」から選択して登録します。

広告素材選択

テキスト広告の登録

広告素材情報(テキスト)

広告素材種別
テキスト広告を作成するので、「テキスト素材」と表示されます。

テキスト
テキスト広告の文章を入力します。1行テキストから複数行テキストまで作成可能です。

広告URL基本情報(テキスト)

広告URL
広告をクリックした際のリンク先を設定します。他社ASPと成果連携する場合は、URL語尾に必要なパラメータを設定します。

広告URL(表示用)
アフィリエイター画面に表示される広告素材の遷移先のURLを設定します。連携用パラメータなどは付与せず、実際の広告遷移先URLを設定します。

広告URL詳細情報(テキスト)

広告URL(iOS)
iOS用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

広告URL(Android)
Android用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

成果報酬表示名
成果報酬一覧に表示される表示名を設定します。一覧でわかりやすい名称に設定します。

広告URL制御情報(テキスト)

成果認証用ID自動付与設定(cid)
ソケット通信やITP対応タグを利用する場合は「cid値」の利用が必須となります。

広告ID自動付与設定(p)
広告IDを連携先で受け取りたい場合に設定します。またITP対応タグを使用する場合は必須です。

メディアID自動付与設定(mid)
ライフタイムコミッションを使用する場合は「付与する」とします。定期購入などで毎月成果が発生する場合などに使用します。

※自動付与設定に関する詳細は成果連携マニュアルを参照下さい。

広告リンク方式
広告URLをクリックした際のリファラを隠蔽したい場合は「即時リダイレクト方式」を設定します。

バナー広告の登録

広告素材情報

広告素材種別
上部メニューで「バナー」を選択している場合、「バナー素材」と表示されます。

バナー
用意しているバナー画像をアップロードします。画像の形式は2MB以内のサイズで「JPG」「GIF」「PNG」のみ対応しています。また次に設定するバナーサイズと同じサイズである必要があります。
※例えば「300×250」のバナーを登録する際、バナーサイズ設定をフリーとした場合は、選択項目に「300×250」があるのでエラーとなります。

バナーサイズ
マスター管理のバナーサイズ設定で設定されているバナーサイズが選択項目として表示されます。 アップロードするバナー画像サイズと設定するバナーサイズは完全に一致する必要があります。
※SSP(広告枠)機能をご利用の場合は、縦横比維持のため、極力フリーサイズは利用されないことをおすすめします。(マスター管理よりバナーサイズを追加可能です。)

広告URL基本情報

広告URL
広告をクリックした際のリンク先を設定します。他社ASPと成果連携する場合は、URL語尾に必要なパラメータを設定します。

広告URL(表示用)
アフィリエイター画面に表示される広告素材の遷移先のURLを設定します。連携用パラメータなどは付与せず、実際の広告遷移先URLを設定します。

広告URL詳細情報

広告URL(iOS)
iOS用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

広告URL(Android)
Android用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

成果報酬表示名
成果報酬一覧に表示される表示名を設定します。一覧でわかりやすい名称に設定します。

広告URL制御情報

成果認証用ID自動付与設定(cid)
ソケット通信やITP対応タグを利用する場合は「cid値」の利用が必須となります。

広告ID自動付与設定(p)
広告IDを連携先で受け取りたい場合に設定します。またITP対応タグを使用する場合は必須です。

メディアID自動付与設定(mid)
ライフタイムコミッションを使用する場合は「付与する」とします。定期購入などで毎月成果が発生する場合などに使用します。

※自動付与設定に関する詳細は成果連携マニュアルを参照下さい。

広告リンク方式
広告URLをクリックした際のリファラを隠蔽したい場合は「即時リダイレクト方式」を設定します。

テンプレート広告の登録

広告素材情報(テンプレート)

広告素材種別
テンプレート広告を作成するので、「テンプレート素材」と表示されます。
※テンプレートについては、「広告枠テンプレートの管理」をご確認ください。

テンプレート種別
アフィリエイターが広告を作成する際、利用を可能とする広告枠テンプレートを設定します。 「全て」の場合、広告枠テンプレート一覧にあるテンプレート全てが利用できます。「個別」の場合、選択した広告枠テンプレートのみ使用可能とします。

バナー
広告枠テンプレートに使用するバナーを設定します。

バナーサイズ
広告枠テンプレートで使用するバナーサイズを設定します。バナーとバナーサイズはサイズが一致する必要があります。
※フリーサイズと設定した場合、登録するバナーのサイズが、バナーサイズリストにある場合、エラーとなります。

テキスト(テンプレート)

テキスト
広告枠テンプレートに表示させるテキストを設定します。広告枠テンプレートでは「テキスト ⇔ [ad_text]の変数で利用可能です。

サブテキスト1
広告枠テンプレートに表示させるサブテキストを設定します。広告枠テンプレートでは「テキスト ⇔ [ad_sub_text1]の変数で利用可能です。

サブテキスト2
広告枠テンプレートに表示させるサブテキストを設定します。広告枠テンプレートでは「テキスト ⇔ [ad_sub_text2]の変数で利用可能です。

サブテキスト3
広告枠テンプレートに表示させるサブテキストを設定します。広告枠テンプレートでは「テキスト ⇔ [ad_sub_text3]の変数で利用可能です。

広告URL基本情報(テンプレート)

広告URL
広告をクリックした際のリンク先を設定します。他社ASPと成果連携する場合は、URL語尾に必要なパラメータを設定します。

広告URL(表示用)
アフィリエイター画面に表示される広告素材の遷移先のURLを設定します。連携用パラメータなどは付与せず、実際の広告遷移先URLを設定します。

広告URL詳細情報(テンプレート)

広告URL(iOS)
iOS用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

広告URL(Android)
Android用に広告の遷移先を用意している場合は設定します。

成果報酬表示名
成果報酬一覧に表示される表示名を設定します。一覧でわかりやすい名称に設定します。

広告URL制御情報(テンプレート)

成果認証用ID自動付与設定(cid)
ソケット通信やITP対応タグを利用する場合は「cid値」の利用が必須となります。

広告ID自動付与設定(p)
広告IDを連携先で受け取りたい場合に設定します。またITP対応タグを使用する場合は必須です。

メディアID自動付与設定(mid)
ライフタイムコミッションを使用する場合は「付与する」とします。定期購入などで毎月成果が発生する場合などに使用します。

※自動付与設定に関する詳細は成果連携マニュアルを参照下さい。

広告リンク方式
広告URLをクリックした際のリファラを隠蔽したい場合は「即時リダイレクト方式」を設定します。

入力が完了したら、「確認する」→「完了する」で登録を完了します。

広告素材一覧

広告素材は1つの広告に対して複数登録することができます。 以上で広告の登録は完了です。次に広告の遷移先の成果発生ページにトラッキングタグを設置します。

並行トラッキング広告の登録

並行トラッキングを使用する方法・素材登録にについては、こちら をご参照ください。

トラッキングタグの設置

アフィリコード・システムで使用できるトラッキングタグは以下の3種類を用意しています。

  • PHP/JSタグ(ITP対応)
  • JSタグ(ITP対応)
  • imgタグ(ITP非対応)

今回の設置では現在標準での使用を推奨している「PHP/JSタグ(ITP対応)」を設置します。
※クリック保証広告のみを利用する場合はトラッキングタグの設置は必要ありません。

登録した広告詳細画面で広告のトラッキングタグが取得できます。

トラッキングタグの設置

PHP/JSタグ(ITP対応)の利用方法

PHP/JSタグ(ITP対応)の設置は以下2種類のタグ設置と「Cookie発行ファイル」をサーバーにアップロードする必要があります。
※広告サイト(ECサイトなど)にCookie発行ファイルをアップロード可能な場合対応が可能です。
※「PHP/JSタグ(着地点)」を設置したファイルと同階層のディレクトリにCookie発行ファイルをアップロードします。
※PHP/JSタグ(ITP対応)に関してはこちらの記事で詳細に解説しています。

・PHP/JSタグ(着地点)
広告遷移時の着地ページ(LPやクライアントTOPページなど)に設置します。
※<head>内または<body>内に設置

・PHP/JSタグ(成果地点)
通常のトラッキングタグと同様、成果地点とするページ(登録や注文完了ページなどのサンクスページ)に設置します。
※<body>内に設置

※「PHP/JSタグ(ITP対応)」は同一ドメインの設置が必須となります。

「PHP/JSタグ(着地点)」を設置したページを経由したうえで、同じドメイン内の成果地点の「PHP/JSタグ(成果地点)」を踏むことでトラッキングが可能となります。
ITP対応タグのフロー
また、「PHP/JSタグ(ITP対応)」を使用する場合は、登録されている広告素材の広告素材編集画面で「広告URL制御情報」の設定が必要となります。

・成果認証用ID自動付与設定(cid):
URLの末尾にパラメータ「cid」が付与される様に設定します。
※特別な理由がない場合、【「cid=値」で付与する】を選択します。

・広告ID自動付与設定(p):
URLの末尾にパラメータ「p」が付与される様に設定します。
※特別な理由がない場合、【「p=値」で付与する】を選択します。

広告URL制御情報

PHP/JSタグ(ITP対応)利用に関する注意点

「PHP/JSタグ(着地点)」と「PHP/JSタグ(成果地点)」は同一ドメイン下への設置が必要となります。

タグ設置例
「PHP/JSタグ(成果地点)」の設置ページのURLが「https://○○○.com/cv.html」の場合、
「PHP/JSタグ(着地点)」の設置ページのURLは「https://○○○.com/~」への設置が必要。

広告バナーをクリック後、以下のような遷移となる場合、中間ページから「PHP/JSタグ(着地点)」の設置ページへ、パラメータ「cid」と「p」を引き回す必要があります。

中間ページを経由する遷移例
中間ページの遷移

  1. 広告をクリック
  2. 中間ページ(https://cdef.com)に遷移
  3. 「PHP/JSタグ(着地点)」の設置ページ「https://abcd.com/cart/」
    ※この時(2)で引き回した「cid」と「p」を受け取る必要がある。
  4. 「PHP/JSタグ(成果地点)」の設置ページ「https://abcd.com/thanks/」

※「PHP/JSタグ(着地点)」の設置後に「広告クリックから成果発生までの有効期間」を変更した場合、「PHP/JSタグ(着地点)」を設置し直す必要があります。

製品情報

アフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム」
製品アフィリコード・システム
概要アフィリエイト広告配信システム
「アフィリコード・システム」

自社アフィリエイト運用から本格的なASP運営まで
導入実績700社以上!多機能アフィリエイトシステム
URLhttps://system.affilicode.jp/

関連記事