人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

Facebook広告CV連携の設定方法(概要編)

目次

  1. Facebook広告のCV連携とは
  2. ピクセル管理者と広告配信の最適化
  3. FacebookのコンバージョンAPI

Facebook広告のCV連携とは

Facebook広告を活用した広告運用おいて、アフィリコード・システムで計測した成果情報をFacebook側に通知することができます。「購入」などで発生した成果情報をサーバーから直接送信することで、広告配信の最適化が図れます。

サーバー側からの通知を利用する背景として、AppleのiOS14リリースに関連するFacebook側のアップデートにより、広告主ページに設置していたピクセル(ウェブイベント)トラッキングや広告掲載最適化に対する影響への懸念があります。

アップデート以降、1ドメインにつき最大8件までのコンバージョンイベントの制限が設けられたため、所有するイベントページのドメイン認証を行うことも広告最適化のために重要なプロセスとなっています。
▼合算イベント測定について
https://www.facebook.com/business/help/721422165168355

ピクセル管理者と広告配信の最適化

ASP運用を行っている場合、運用形態によりピクセル管理者(作成者)は「アフィリエイター」「広告主」「管理者」という3パターンが考えられます。

管理者はFB広告のCV連携設定を始める前に、まず、「ピクセル管理者(作成者)」は「だれ」で、「イベント発生ページ」は「どのページ」であるかを明確にしておきましょう。

アフィリコード・システムでは、メディア側と広告側で各々連携設定が可能になっているため、運用形態に応じた設定が可能です。

ピクセル管理者「アフィリエイター」「広告主」「管理者」ごとに設定マニュアルを用意していますので、詳細は下記をご確認ください。

ピクセル管理者(作成者)がアフィリエイターの場合
Facebook広告CV連携の設定方法(ピクセル管理者:アフィリエイター編)
ピクセル管理者(作成者)が広告主の場合
Facebook広告CV連携の設定方法(ピクセル管理者:広告主編)
ピクセル管理者(作成者)が管理者の場合
Facebook広告CV連携の設定方法(ピクセル管理者:管理者編)

FacebookのコンバージョンAPI

アフィリコード・システムからFacebook広告への通知はコンバージョンAPIを使用しています。

新規でFacebook広告のCV連携を行う場合は、FBデベロッパーサイトで最新のグラフAPIのバージョンを確認し、システム設定 > その他 > Facebook広告設定 > Graph APIのバージョンにて、最新バージョンを設定してください。
※ご利用製品バージョンのリリース日時点におけるグラフAPIバージョンを初期値として設定しています。

▼FBグラフAPI:更新履歴
https://developers.facebook.com/docs/graph-api/changelog?locale=ja_JP

Facebook連携_システム設定

既に旧バージョンでAPIを呼び出している場合は使用期限まではそのまま利用できますが、可能な限り最新バージョンの設定を推奨します。

関連記事