人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

Facebook広告CV連携の設定方法(ピクセル管理者:管理者編)

目次

  1. 事前準備
  2. Facebookピクセルの設定:管理者作業
    1. FBビジネスマネージャを作成する
    2. データソース(ピクセル)を作成する
    3. テストの準備を行う
    4. ドメイン認証について
  3. アフィリコード・システムの設定:管理者作業
    1. テスト設定を行う(ACS設定)
    2. ACSから通知される成果情報について
    3. アフィリエイトリンクでイベントをテスト
    4. テストの確認
    5. テストコードの削除
  4. Facebookピクセルの利用者追加:管理者作業
  5. ピクセルを広告マネージャに紐づけ:アフィリエイター作業
    1. データソース(ピクセル)を広告マネージャに紐付け
    2. 広告とピクセル、イベントの紐付け
    3. 入稿URLの設定

事前準備

本マニュアルでは、管理者がFB広告のピクセルを作成して運用するパターンを想定した連携を解説します。管理者が作成したピクセル情報をアフィリエイターが共有して広告運用します。

FB連携設定を行うにあたり、以下の情報をアフィリエイターに確認してください。

  • ・アフィリエイターのビジネスマネージャID

Graph APIのバージョンを確認

はじめてFacebook広告のコンバージョン連携を行う場合は、FBデベロッパーサイトより最新のグラフAPIバージョンを確認の上、システム設定 > その他 で設定をしてください。
▼FacebookグラフAPI:更新履歴
https://developers.facebook.com/docs/graph-api/changelog?locale=ja_JP

概要編:FacebookのコンバージョンAPI

Facebookピクセルの設定:管理者作業

データソース(ピクセル)を作成する手順を説明します。

1. FBビジネスマネージャを作成する

まず、Facebookのビジネスマネージャアカウントが必須になります。未作成であれば作成してください。

2. データソース(ピクセル)を作成する

ビジネスマネージャでログインした上で、イベントマネージャ画面にて新規のデータソース(ピクセル)を作成します。

①「新しいデータソースをリンクする」で「ウェブ」を選択します。

Facebook連携_データソースの選択

②「コンバージョンAPI」を選択してください。

Facebook連携_リンク方法選択

③ 任意の「ピクセル名」を入力してください。

Facebook連携_ピクセル名

④「手動でAPIを実施する」を選択してください。

Facebook連携_API設定方法の選択

⑤「任意のイベント」を選択してください。以下「購入」イベントを作成する前提で進めます。

Facebook連携_イベントの選択

⑥「イベント詳細パラメーター」は、デフォルトの初期設定値(コンバージョンAPIの必須パラメーター)のほか、「イベントID」を選択します。

Facebook連携_イベント詳細パラメーターの選択

⑦「顧客情報パラメーター」はキャプチャの内容を選択します。

Facebook連携_顧客情報パラメーターの選択

⑧「完了」を押します。(手順送信は不要です)

Facebook連携_顧客情報パラメーターの選択

3. テストの準備を行う(必須)

取得が必要なのは、「ピクセルID」「アクセストークン」「テストコード」です。

① 作成したデータソース(ピクセル)の設定画面を開きます。ピクセルIDをコピーして、メモ帳に控えてください。

Facebook連携_ピクセルIDをコピー

②「設定」画面の下部にてアクセストークンを発行します。
 アクセストークンをコピーして、メモ帳に控えてください。

Facebook連携_アクセストークン生成

※トークンが表示されていない場合は、違うアカウントでログインしている可能性があります。 右上のアカウント変更にて、ビジネスマネージャでログインしてください。

③ テストイベントタブより、テストコードを確認し、メモ帳に控えてください。

Facebook連携_データコード確認

4. ドメイン認証について

Facebookビジネスマネージャで運用ページ(FB広告から流入するLPなどイベントが発生するページ)のドメイン認証をします。運用ページのドメイン所有者を明確にする必要があるので必ず行っておきます。
ビジネス設定 > ブランドセーフティ > ドメイン から設定します。

Facebook連携_ドメイン認証_1

アフィリコード・システムの設定:管理者作業

事前準備

  • 入稿するFB広告を登録します。
  • 入稿したFB広告にて、ピクセルを利用するアフィリエイターのメディアで提携申請します。

管理者が広告運用上、ピクセル管理者としてFB広告情報を登録する場合は、マスター管理 > Facebook広告設定 よりイベントが8件登録できます。
※登録したピクセルは「メディア連携設定」から選択できるようになります。

Facebook連携管理者_FB広告設定
Facebook広告CV連携設定
項目名 ※必須 ピクセルの管理名称
ピクセルID ※必須 Facebook広告にて設定したピクセルIDを入力します。
アクセストークン ※必須 Facebook広告にて設定したアクセストークンを入力します。
テストコード テストイベントを使用する場合にFB画面上のテストコードを入力します。
※疎通テスト後にテストコードは削除。
イベント名 Facebook広告にて設定したイベント名を入力してください。
購入イベントの場合は「Purchase」に設定。※Facebook側の「購入」イベント名
▼Facebookピクセル標準イベントの仕様
https://www.facebook.com/business/help/402791146561655?id=1205376682832142
並び順 入力例「1」「2」など。項目内容の表示順は「並び順」の昇順で表示されます。

1. テスト設定を行う(ACS設定)

事前準備

作成したメディアで提携申請後、FB広告素材のアフィリエイトリンクを取得しておきます。

テストコードは、FB側により概ね3~4時間程度で自動的に更新されます。テストに時間を要する場合は最新のテストコードを確認してください。

① 当該メディアのメディア連携設定 > 広告URL設定 より、plid」パラメータを「fbclid」に変換します。
※fbclid=「Facebook CLick ID」の略

Facebook連携_ACS広告URL設定

② 次に、メディア連携設定 > Facebook広告より「Facebook広告CV連携設定」を「設定する」にします。

Facebook連携_CV連携設定
Facebook広告CV連携設定
ピクセル管理者 ※必須 ピクセル管理者が管理者の場合は「管理者」を選択します。

Facebook連携_CV連携設定
ピクセルID ※必須 Facebook広告にて設定したピクセルIDを入力します。
Facebook広告ピクセル ※必須 マスター管理 > Facebook広告設定 で設定した項目を選択します。
通知データの対象条件 FB側に通知する条件を設定します。
発生成果(全て) / 確定成果(承認のみ)
リトライ設定 FB側への通知が正常に処理できなかった場合、再度通知するか否かを設定します。
設定する / 設定しない

2. ACSから通知する成果情報について

アフィリコード・システムから通知する成果情報は以下になります。

イベントタイプパラメーター
event_name 成果報酬情報名、または、Facebook広告CV連携設定|イベント名
※Facebook pixelの標準イベント名またはカスタムイベント名
event_time 成果報酬情報の成果発生日時
※イベント発生のタイミングを示すUnixタイムスタンプ(秒単位)
action_source 値:other
※コンバージョンの発生場所
event_source_url アフィリコード・システムの設置先URL
event_id 成果情報のargs値(設定時のみ送信)
※注文番号、申込番号など任意の識別情報を設定する場合に使用
顧客情報パラメーター
fbc キックバック通知日時、fbclid値などの情報。イベントの重複除外に使用されます。
▼FacebookピクセルイベントとコンバージョンAPIイベントの重複除外について
https://www.facebook.com/business/help/823677331451951?id=1205376682832142
client_ip_address 成果報酬情報のIPアドレス
client_user_agent 成果報酬情報のユーザーエージェント
カスタムデータパラメーター
currency 値:JPY
※valueパラメーターの数値に対応する通貨単位
value 成果報酬情報における報酬額(ネット)
テストイベント
test_event_code テストコード
※テストコード削除後は送信されません。

3. アフィリエイトリンクでイベントをテスト

当該広告素材のアフィリエイトリンクを使用し、疎通テストを行います。

事前準備

作成したメディアで提携申請後、FB広告素材のアフィリエイトリンクを取得しておきます。

下記の○○○○○○の部分は、ご利用の「アフィリコードシステム設置先」になります。

Facebook連携_設置先URL

① アフィリエイトリンクに任意のfbclidパラメータとfbclid値を付与
https://○○○○○○/link.php?i=************&m=************&
fbclid=IwAR1ZsiojLiRCkaLpM148e26EnvRPIM7MOMeZqSYvxvulw_K9RCuJwcuZ_Co
※fbclid値(ランダムな英数字61文字)「IwAR1ZsiojLiRCkaLpM148e26EnvRPIM7MOMeZqSYvxvulw_K9RCuJwcuZ_Co」は、テスト例です。
② fbclidを付与したアフィリエイトリンクのURLにアクセス(link.phpのテスト)
ブラウザのURL部分に貼りつけ、Enterキーを押下します。
Facebook連携_イベントの選択
③ 生成されたチェックログ詳細より、cid値を次項④のテストトラッキング用に取得
plid欄にfbclid値が表示されているかも確認してください。
Facebook連携_チェックログ確認
④ cid値をトラッキングURLに付与し、テストトラッキング(track.phpのテスト)
下記の形式でURLを編集し、ブラウザのURL部分に貼りつけEnterキーを押下します。
https://○○○○○○/track.php?cid=該当のcid値&p=該当の広告ID
広告IDは、当該の広告詳細から確認できます。
Facebook連携_広告IDの確認

4. テストの確認

ACSのキックバック通知ログを確認し、ステータスコードが200なら疎通テスト成功です。

Facebook連携_キックバック通知ログ

通知情報の詳細は、キックバック通知ログ詳細 から確認できます。

Facebook連携_キックバック通知ログ詳細

疎通テストがうまくいかなかった場合は、以下設定を一度ご確認ください。

キックバック通知にHTTPステータスコード:400番台が返却された
※エラー出力例:The requested URL returned error: 400 Bad Request
・ピクセルID、アクセストークンの設定は正しいか
・システム設定 > その他 > Graph APIのバージョンは最新か
イベントが一定時間を経過してもアクティブにならない
・テストコードをFB画面上で取得した値で設定しているか
・最新のテストコードか(テストに時間を要する場合)

イベントは、テストを行うことで「アクティブ」になります。
FBイベントマネージャで先ほど作成したイベントの成果があがっているか、確認してください。

Facebook連携_イベントアクティブ

合算イベント測定について
イベントがアクティブになると「合算イベント測定」の設定が可能になります。
FBヘルプページをご確認の上、運用に応じて設定してください。
▼合算イベント測定を使用するためにイベントを設定する
https://www.facebook.com/business/help/422408905612648?id=1877298665783613

5. テストコードの削除

Attention
連携設定時に入力したテストコードは、疎通テスト完了後に必ず削除してください。
テストコードが入力されていると、実運用で広告キャンペーンに紐付けた際、テストイベントと判断され正しく計測されない恐れがあります。

Facebookピクセルの利用者追加:管理者作業

管理者が作成したピクセルをアフィリエイターが利用するには、ピクセル所有者である管理者ビジネスマネージャIDとアフィリエイターのビジネスマネージャIDを紐づける必要があります。

  1. 広告運用をするアフィリエイターのビジネスマネージャIDを確認する。
  2. 該当ピクセルの管理パートナーとして、アフィリエイターのビジネスマネージャIDを登録する。
  3. パートナー登録が完了したら、アフィリエイター側にその旨を通知してください。
Facebook連携_ビジネスマネージャID紐づけ

ピクセルを広告マネージャに紐づけ:アフィリエイター作業

▼Facebook広告の構造について
https://www.facebook.com/business/help/706063442820839?id=802745156580214

1. データソース(ピクセル)を広告マネージャに紐付ける

テストの確認が済んだら、イベントマネージャで作成したデータソース(ピクセル)を、広告を運用している広告マネージャアカウントに紐付けます。

ビジネス設定 > データソース > ピクセル から先ほど作成したピクセルを選択し、「アセットを追加」から広告マネージャアカウントを追加してください。

Facebook連携_ビジネス設定(アセット追加)

2. 広告とピクセル、イベントの紐付け

通常どおり、広告作成を行います。

広告マネージャ > 広告セットの設定で、コンバージョンイベントは「購入」を選択します。

Facebook連携_広告セット(コンバージョンイベント選択)

3. 入稿URLの設定

広告設定からアフィリコード・システムから取得したアフィリエイトリンクを設定します。

アフィリエイトリンク

https://○○○○○○/link.php?i=*******&m=********

リンク先を「ウェブサイト」にし、「ウェブサイトのURL」欄にFB広告のアフィリエイトリンクを設定します。
※広告キャンペーンへの反映にはタイムラグがあるのでご注意ください。

Facebook連携_ウェブサイトのURL設定

以上で設定は完了です。
実際に広告を入稿したら、ACSの計測、キックバック通知ログを確認します。 FB側でもイベントマネージャからソース(ピクセル)で検知できているか、広告に反映されているかを確認してください。

関連記事