人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Share

MakeShopとアフィリコード・システムの連携方法

目次

  1. MakeShopとの連携
    1. カート連携時のタグ設置方法
    2. 商品ごとに報酬単価を設定したい場合(商品テーブル)

MakeShopとの連携

アフィリコード・システムとMakeShopとの成果連携の方法を解説します。

※参考:MakeShopコンバージョンタグの設定(外部サイト) https://ms-manual.makeshop.jp/optionalaffiliate/

カート連携時のタグ設置方法

アフィリコード・システムから、該当の広告詳細 > トラッキングタグ(設置型)より取得したタグをMakeShop側に設置していきます。

① まずは「着地点タグ」の設定を行います。

「着地点」に関してはどのページ(商品詳細ページ、カートページなど)にランディングするか運営者によって異なるため、全ページ共通の「head」に配置します。

独自デザイン > 共通head管理

共通head管理

共通headタグ管理の<head>~</head>内に「着地点タグ」をコピーペーストします。

共通headタグ管理

② 次に「成果地点タグ」の設置を行います。成果地点はMakeShopで用意された設定画面を利用します。

プロモーション > コンバージョンタグの設定 に遷移します。

任意アフィリエイト設定

以下のように、コンバージョンタグ設定を行います。

出力設定
  1. 出力設定:チェックを入れる
  2. コンバージョンタグ名:任意のコンバージョンタグ名を入力
  3. 出力画面:今回は「注文完了画面」を選択

出力箇所は、headタグ内、bodyタグ内いずれの箇所にも設置可能です。

次に、開始部に「成果地点タグ」を記述します。
成果情報として受け取るパラメータ「成果識別子(args)」と「購入金額(price)」にチェックを入れ、「変換」からタグを出力します。

成果地点タグの設定

いったんメモ帳などに控え、(args)(price)の箇所に、MakeShopの変数を挿入します。
※使用可能変数は、こちら をご参照ください。

<script>
(function acsTrack(){
var PV = "広告ID";
var _ARGSV = "[ORDER_NUM]";
var _PRICEV = "[TOTAL_AMOUNT]";
var KEYS = {cid : ["CL_", "ACT_", "cid_auth_get_type"], plid : ["PL_", "APT_", "plid_auth_get_type"]};
var turl = "https://システム設置先/track.php?p=" + PV + "&args=" + _ARGSV + "&price=" + _PRICEV;
        ================= 以下、省略 =================
</script>

MakeShopの変数

var _ARGSV = "[ORDER_NUM]";

var _PRICEV = "[TOTAL_AMOUNT]";

変数の書き換えが終了したらそのまま「開始部」に貼り付けます。

開始部に設定

MakeShopとの基本的な連携設定は以上になります。成果テストは必ず行ってください。

商品ごとに報酬単価を設定したい場合(商品テーブル)

商品ごとに報酬単価を設定したい場合は、商品テーブル機能を利用します。
アフィリコード・システム側の設定については、商品テーブル機能を使用する方法 を参照してください。

前提として、MakeShop側で繰り返し処理を伴うコンバージョンタグの設定を行う場合、「開始部」「繰り返し部」「区切り文字」「終了部」にタグを分割して設置する仕様になっています。

また、「終了部」は「半角250文字入力可能」となっているため、成果地点タグの記述順序を一部変更する必要があります。

makeshop例

① 広告詳細より「成果地点タグ」を取得します。
通常、商品テーブルを利用する場合は、「商品テーブル(pg)」パラメータを付与したタグを取得しますが、上記MakeShop側の設定仕様に合わせるため、pg変数は付与せずに成果地点タグを取得します。
※pg変数は手動で追記します。その他のパラメータは、必要であれば通常どおり付与して取得します。

② 次に、MakeShop側で出力可能な変数を「商品テーブル(pg)」に渡します。

商品テーブル(pg)の出力形式

var _PGV = "pg[]=商品テーブルID.単価.商品数";

繰り返し処理をすることで、カートに複合的に商品が入る場合も対応が可能になります。

MakeShopのカート情報出力変数

・ [ITEM_CD_SHOP] ・・・ 独自商品コード

・ [ITEM_PRICE] ・・・ 商品販売価格

・[ITEM_COUNT] ・・・ 商品購入数量

繰り返し部:pg[]=[ITEM_CD_SHOP].[ITEM_PRICE].[ITEM_COUNT]

区切り文字:&

③ 成果地点タグを以下のように設置します。

コンバージョン設定:タグ設置例

=======開始部=========
※例として、(args)を付与しています。

<script>
(function acsTrack(){
var PV = "広告ID";
var _ARGSV = "成果識別子";
var KEYS = {cid : ["CL_", "ACT_", "cid_auth_get_type"], plid : ["PL_", "APT_", "plid_auth_get_type"]};
var turl = "https://システム設置先/track.php?p=" + PV + "&args=" + _ARGSV;
var cks = document.cookie.split("; ").reduce(function(ret, s){ var kv = s.split("="); if(kv[0] && kv[1]) ret[kv[0]] = kv[1]; return ret; }, []);
turl = Object.keys(KEYS).reduce(function(url, k){ var vk = KEYS[k][0] + PV; var tk = KEYS[k][1] + PV; var v = "", t = ""; if(cks[vk]){ v = cks[vk]; if(cks[tk]) t = cks[tk]; }else if(localStorage.getItem(vk)){ v = localStorage.getItem(vk); t = "ls"; } if(v) url += "&" + k + "=" + v; if(t) url += "&" + KEYS[k][2] + "=" + t; return url; }, turl);
var _PGV = "

======繰り返し部======

pg[]=[ITEM_CD_SHOP].[ITEM_PRICE].[ITEM_COUNT]

======区切り文字======

&

======終了部========

";
turl += "&" + _PGV;
var xhr = new XMLHttpRequest(); xhr.open("GET", turl); xhr.send(); })();
</script>

カートで以下のように商品購入があった場合、

・商品A(商品コード:idA)、商品B(商品コード:idB)、商品C(商品コード:idC)

商品テーブル機能の使用方法_カート商品

商品テーブルは成果地点に以下のように出力されます。

var _PGV = "pg[]=idA.500.1&pg[]=idB.1000.5&pg[]=idC.2000.2";

アフィリコード・システム

https://system.affilicode.jp/

アフィリエイト広告配信システム

本格的なASP運営から自社アフィリエイト運用
導入実績1,000社以上!多機能アフィリエイトシステム

おすすめ記事