人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

Cookie保持期間

目次

  1. Cookie発行ファイルとは
  2. Cookie保持期間
    1. ITP制限による影響について

Cookie発行ファイルとは

Cookie発行ファイルとはITP対応に必要なファイルです。一般的にCookieを発行する手段は以下の方法があります。

ITPとは
ITPはAppleがSafariブラウザに搭載しているトラッキング防止機能です。
  • JavaScriptでCookieを発行
  • サーバーからCookieを発行
  • CNAMEでCookieを発行 ※アフィリコード・システムはCNAMEでのCookie発行は行っていません。

JavaScriptで発行したCookieはITP制限を受けるとCookieの保持期間が短くなり、成果漏れを起こす場合があります。一方、サーバーから発行したCookieはITP制限を受けず、任意の保持期間を設定することができるため、成果漏れを防ぐことができます。

アフィリコード・システムでは、Cookie発行ファイルがサーバーにあればサーバーからCookieを発行し、なければJavaScriptで発行します。サーバーにファイルをアップロードできる場合は、サーバー発行のCookieファイルのご利用を推奨しています。

Cookie保持期間

アフィリコード・システムでは、Cookieの有効期限は2年に設定されています。

トラッキングタグおよびCookie発行ファイルの設置状況による認証方式は下記のとおりです。

着地点タグが正常に機能し、Cookie発行ファイルがアップロードされている
・1st Party Cookieでの認証
・サーバー側からCookieを発行
・LocalStrageへ保存
着地点タグが正常に機能しているが、Cookie発行ファイルはアップロードされていない
・1st Party Cookieでの認証
・JavaScriptでCookieを発行
・LocalStrageへ保存
着地点タグが正常に機能していない
・3rd Party Cookieでの認証

ITP制限による影響について

主に「Cookie発行ファイル」のアップロード状況によって、Cookieの保持期間が大きく変動します。(サーバー発行CookieはITP制限を受けない、JavaScript発行Cookieは1・7日)

また、アフィリコード・システムのトラッキングタグは、着地点タグが正常に機能している場合はLocalStrageにも成果認証に必要な情報が保持されるので、1st Party Cookieがなくなってしまった場合でもLocalStrageの保持情報で成果認証が行えますが、保持期間が「7日」と制限がかかります。

現在のアフィリコード・システムで利用できるトラッキングタグが生成するCookieの有効期間は以下の通りです。

※2021年1月現在

Cookie / LocalStrage 有効期間
サーバー発行Cookie 制限なし(2年)
JavaScript発行Cookie(※1) 1・7日
LocalStrage 7日
3rd Party Cookie 0日
CNAME(※2) 7日

※1 トラッカードメインと判定された場合は、有効期間は1日となります。
※2 アフィリコード・システムではCNAMEでのCookie発行は非対応です。

Cookie発行ファイルによってサーバーから発行されるCookieはITP制限を受けませんが、それ以外の方法でCookieを発行した場合の保持期間は「0~7日」となっています

関連記事